DJI、ドローンによる捜索で救助した人数が累計500人に--暗闇で熱線カメラが活躍

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドローンメーカーのDa-Jiang Innovations Science and Technology(DJI)は、世界各地でドローンを活用して人命救助された人の数が、同社の集計で500人になったと発表した。

熱線カメラで行方不明者を発見(出典:DJI)
熱線カメラで行方不明者を発見(出典:DJI)

 DJIは、以前からドローンが人命救助に貢献した事例を集めている。500人目の事例は、ミズーリ州カス郡で10月11日、行方不明になっていた93歳女性を真っ暗な原野で救助したもの。地上の捜索では見つけられなかったのだが、ドローン「DJI Matrice 210」に搭載した熱線カメラ「XT2」であっさり発見できたそうだ。

 このように、ドローンなら上空から行方不明者を捜せるし、熱線カメラなら暗闇でも人の存在を見落としにくい。また、救助隊の接近が困難な場所を捜索できるほか、遭難者へ食料や水を届けることも可能だ。

 DJIは、これまで集めたドローンによる救助事例をウェブサイト「Drone Rescues Around the World」で公開中。同サイトでは、ドローンによる初めての救出とされる2013年の事例以降、29カ国で救助人数が500人、救助件数が296件になったとしている。

世界で救助件数が累計296件(出典:DJI)
世界で救助件数が累計296件(出典:DJI)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]