logo

レノボ、ウルトラスリムノートPC「YOGA Slim」シリーズを発表

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レノボ・ジャパンは12月1日、ウルトラスリムノートPC「YOGA Slim」シリーズの「YOGA Slim 750i Carbon」と「YOGA Slim 750i(13.3型)」を発表した。

 
 
 
 

 同社によると、テレワークの広がりとともに、自宅での作業においても効率や快適さ、より高いセキュリティが求められるようになったという。

 そこで、こうした要望に応え、見ていない時には画面がぼけるスマートディスプレイ、のぞき見の防止や警告画面を表示するプライバシーガード/アラート、長時間作業時に休憩を促す画面を表示するなど、テレワークを考慮した機能を追加したモデルをリリースした。

 また、顔認証と組み合わせることで素早くログインができるゼロタッチログイン、PCから離れると画面をロックする機能、FnキーとQキーでバッテリーの消費電力を切り替える機能なども備えている。

 YOGA Slim 750i Carbonは、カーボンファイバー素材を使用し、軽量性と堅牢性を両立した13.3型モバイルノートPC。重量約966g、薄さ14.25mmの薄型軽量設計に加え、MIL-STD-810Gにも適合し、厳しい環境下でも問題なく使用できるのが特徴。

 
 

 ボディは、3層サーマルコーティングを施し、指紋がつきにくく、汚れを簡単に拭き取れる。カラーは、高級感のあるムーンホワイトカラーを採用した。

 CPUには、最新の第11世代インテル Coreプロセッサーを搭載。ディスプレイは、sRGB100%、高輝度300nitの13.3型WQXGA IPS液晶(2560×1600dpi)を選択でき、ブルーライトを低減するアイケアモードを備えている。

 アシスト機能「Lenovo Smart Assist」を搭載するほか、最大14時間の長時間バッテリー駆動、Wi-Fi 6対応、ホワイトのACアダプターを同梱する。

 主な仕様は、OSにWindows 10 Home 64bit(日本語版)を採用。CPUは、インテル Core i7/i5 プロセッサーを選択でき、メモリは8GB。ストレージは、512GBのSSDを搭載した。

 インターフェースは、Thunderbolt4×2、USB 3.1 Type-C×1、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック。

 
 

 外形寸法は、約295.9mm×208.9mm×14.25mm(最薄部)。重量は、約966g。発売日は12月4日。販売価格は、14万4800円(税別)〜。

 Yoga Slim 750i(13.3型)は、基本機能を「YOGA Slim 750i Carbon」とほぼ同等としながら、メタルシャーシを採用したモデル。MIL-STD-810Gには非対応で、重量1.21kg、薄さ13.8mmと重量・サイズに違いがある。

 
 

 主な仕様は、OSにWindows 10 Home 64bit(日本語版)を採用。CPUは、インテル Core i5 プロセッサー、メモリは8GB。ストレージは、256GBのSSDを搭載した。インターフェースは、Thunderbolt4×2、USB 3.1 Type-C×1、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック。

 
 

 外形寸法は、約295.9mm×208.9mm×13.8mm(最薄部)。重量は、約1.21kgg。発売日は12月18日。販売価格は、12万9800円(税別)〜。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]