Zoom、荒らしなどで会議を妨害されるリスクを通知する新機能

Catalin Cimpanu (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2020年11月17日 11時06分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビデオ会議ソフトウェアのZoomは米国時間11月16日、「Zoom爆弾」でオンライン会議が妨害されるリスクを検知し、会議の主催者に警告する新機能を導入したことを明らかにした。

Zoom
提供:ZDNet

 新機能「At-Risk Meeting Notifier」は、公開されているソーシャルメディアやウェブサイトの投稿を常時スキャンし、Zoom会議へのリンクが書き込まれていないかをチェックする。

 妨害されるリスクのあるZoom会議のURLを発見すると、会議主催者に電子メールを自動送信して警告する。

 この種の妨害行為は、Zoom爆弾またはZoom襲撃として知られている。2020年に入り、同社の大きな問題となっていた。

 Zoom爆弾は、荒らしなどを目的とする悪意のある者が招待されていないZoomのルームに接続し、侮辱的な発言を投げる、ポルノコンテンツを投稿する、他の参加者を脅すといった行為で会議を妨害することだ。

 Zoom爆弾は、新型コロナウイルスのパンデミックで、Zoomが家庭や学校、企業、政府機関などの定番のオンライン会議ツールとなった2020年3月に広く発生するようになった。

 米司法省は4月、Zoom爆弾を仕掛けた者は起訴される可能性があると警告を発したが、以降も一部で続いていたとみられる。

 Zoomの会議をセキュアにする最善の手段の1つは、会議のIDやパスコードをソーシャルメディアなどの一般公開されているフォーラムに共有しないことだと同社は説明している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]