logo

「macOS Big Sur」導入後に「MacBook Pro」が無反応に--一部のユーザーから報告

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2020年11月17日 07時50分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2013~2014年にリリースされた「MacBook Pro」を所有する複数のユーザーから、最新OS「macOS Big Sur」をインストールしたところ自分のMacが動かなくなったなどとする報告が出されている。

MacBook Pro

 Appleは先週、同社初のArmベースの「Appleシリコン」SoCである「M1」とともに、macOS Big Surをリリースした。M1は、新しい「MacBook Air」、13インチのMacBook Pro、そして「Mac mini」に搭載されている。

 このmacOS Big Surについて、リリース直後に同OSをインストールした一部のユーザーのMacBook Proに深刻な問題が発生している。

 Appleのユーザーフォーラムには、「今日、Big Surアップデートを見つけて、『今すぐアップデートする』をクリックした」とする15インチのMacBook Proユーザーの投稿がある。

 「ダウンロードが問題なく完了して、すべての項目を選択して次に進んだ。しばらく時間がかかるというので、コンピューターから離れた。戻ってくると画面が真っ黒になっていた。ステータスバーも何も表示されないが、LEDが点灯しているのは確認できた。何も起動しないので、最後は電源ボタンを長押しして強制的にシャットダウンした」(同投稿)

 その後、このユーザーのMacBookは再起動しなかった。同ユーザーは、SMCやPRAMのリセット、shiftキーやoptionキーの長押し、リカバリーモードなど、いくつかのキーコンビネーションを試してみたものの、それでも問題は解決しなかったと記している。

 そのほか、MacRumorsの読者フォーラムやRedditでも、2013~2014年モデルのMacBook Proを所有するユーザーから同様の問題を報告する投稿が見つかった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]