logo

テレワーク時にサボっていると思われるストレス、20代の2人に1人が実感--ヌーラボ調査

佐藤和也 (編集部)2020年11月15日 18時05分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヌーラボは、プロジェクト管理ツールの「Backlog」ユーザーを主な対象とした「テレワークと“サボり”の関係性に関するアンケート調査」を実施。その結果を11月10日付で公表した。

 結果のなかでは、20代の約2人に1人、30代以上の約3人に1人が「テレワーク時、サボっていると思われるストレス」を実感しているという。また、年代が高いほど「テレワーク時、チームメンバーや上司・部下などに対してサボっているのでは、と思ってしまう」と回答する傾向も認められたとしている。

 またオフィス出勤とテレワークについて、「回答者自身がどちらの環境(働く場所)でよりサボってしまうか」についても質問したところ、20代では66.5%に及ぶ「テレワークの方がサボってしまう」の回答が、30代では50.8%、40代では44.3%、50代以上では42.4%と、年代が上がるにつれて少なくなった。一方で「働く場所は関係ない」の回答は増える傾向にあったという。

 そして「仕事をしているかどうかの判断基準」について、「労働時間で判断」「プロセスで判断」「成果で判断」の3つの選択肢から最も近いものを選ぶ質問をしたところ、「プロセスで判断」「成果で判断」の選択肢に大きく回答が二分され、「労働時間で判断」の回答は全体の8.5%にとどまったとしている。

 Backlogなどの業務ツールが、従業員のサボりの抑制に効果があるかを質問したところ、69.4%が「効果があると思う」「ある程度効果があると思う」と回答。ただし、業務ツールは「導入すれば良い」というわけではなく、使い方により効果に明暗があるという。同社では、単にツールを導入しただけでは不十分で、チームの共通認識を取ること、チームに即した無理のないルールを整備することが大事だとまとめている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]