物流代行システム「LOGILESS」運営が5億円を調達--EC事業者の生産性向上を加速

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ECサイト向けの物流代行システム「LOGILESS(ロジレス)」を運営するロジレスは11月24日、ALL STAR SAAS FUND、既存投資家であるCoral Growthより約5億円の資金調達を完了したと発表した。今回の資金調達により、累計調達総額は5.5億円になるという。

キャプション

 同社が提供するLOGILESSは、EC事業者の受注業務、出荷業務、在庫管理を自動化するシステム。EC事業者が利用するOMS(受注管理システム)と、倉庫事業者が利用するWMS(倉庫管理システム)を一体型で提供することが特徴だ。

物流代行システム「LOGILESS」
物流代行システム「LOGILESS」

 OMSとWMSのそれぞれを別のシステムとして利用している場合は、注文情報をシステム間で受け渡すためのCSVファイルなどの作成業務が発生し、担当者の業務負荷が高く、スピーディな出荷が難しいという課題があると指摘。

 LOGILESSであれば、ひとつのシステムをEC事業者と倉庫事業者が利用し、注文情報がほぼリアルタイムで連携できるため、土日や深夜の時間帯であっても自動で出荷指示を出すことができると説明する。また、EC事業に参入したばかりの事業者でも利用できるよう、基本料金月数万円からシステムを提供している。

サービスの仕組み
サービスの仕組み

 さらに、ひとつのEC事業者に対して複数の倉庫を紐づけられるため、「配送地点が北海道の場合には東日本にあるA倉庫から、沖縄の場合には西日本にあるB倉庫から出荷」「常温商品はC倉庫から、冷凍商品はD倉庫から出荷」「サイズ小の商品は自社倉庫から、サイズ大の商品は物流代行を依頼中のE倉庫から出荷」などの出荷指示が可能だという。

 同社では、LOGILESSを通じてEC事業者の生産性向上を支援してきた。今回調達した資金は、その支援をさらに加速させるべく利用するほか、組織を拡大・強化し、サービスの機能強化も進めるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]