logo

ゲーム用の触覚フィードバックVRベスト「TactSuit X16」が予約開始--299ドルから

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 韓国のVRデバイスメーカーであるbHapticsは、VRゲームなどと組み合わせて使える触覚フィードバック機能付きベスト「TactSuit X40」「TactSuit X16」を発売するとして、購入予約の受付を開始した。申し込みは12月9日まで可能。12月10日より出荷する予定。販売価格はTactSuit X40が499ドル(約5万2500円)、TactSuit X16が299ドル(約3万1500円)。

購入予約を受付開始(出典:bHaptics)
購入予約を受付開始(出典:bHaptics)

 TactSuitは、振動を生じさせる複数のERM(偏心)モーターが内蔵されたベスト型デバイス。上半身に装着してVRゲームをプレイすると、振動や衝撃などが再現され、没入感を高められる。モーターの数は、TactSuit X40が40個、TactSuit X16が16個。

TactSuit X40(上)、TactSuit X16(下)(出典:bHaptics)
TactSuit X40(上)、TactSuit X16(下)(出典:bHaptics)

 PCやゲーム機とは、Bluetooth接続またはオーディオ接続して使う。対応している「Steam VR」「Oculus Quest」「Oculus Quest 2」といった環境では、ゲームの動きと連動して振動フィードバックがかかる。ゲーム内の音に反応して振動を発生させる機能も備える。「PS4」「PSVR」「Xbox」などの場合は、ゲームの音で振動させるモードのみ使用可能。

 バッテリ駆動時間は、TactSuit X40が18時間、TactSuit X16が22時間。

TactSuit X40/X16の紹介ビデオ(出典:bHaptics/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]