logo

「macOS Big Sur」、新チップ「M1」で高速化とセキュリティ強化を実現

Alison DeNisco Rayome (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高森郁哉 (ガリレオ)2020年11月11日 10時40分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは11月11日、オンラインで開催したイベントで、「Mac」用に設計された新チップ「M1」を搭載するMacの新製品群を発表した。このM1チップにより、「macOS」の新バージョン「Big Sur」のパフォーマンスは大幅に向上するという。

macOS Big Sur
提供:Apple

 Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントであるCraig Federighi氏はイベントで、M1を搭載するMacでmacOS Big Surを実行すると、アプリの起動はほぼ瞬時にできると語った。「Safari」では、JavaScriptを最大1.5倍高速に実行し、ほぼ2倍速く反応する。これにより、3Dアニメーションのレンダリングや動画の編集など、強力なパフォーマンスを必要とするアプリの動作はよりスムーズになる。

 「われわれのアプリケーションはすべてM1に最適化しました」(同氏)

 M1チップにより、ハードウェアを検証するセキュアブート、全ファイルの自動高速暗号化、macOSランタイムプロテクションなどのセキュリティ機能も強化される。これらが一体となり、「あらゆるパーソナルコンピューターの中で最も先進的なセキュリティ」を実現するとFederighi氏は述べた。

 macOS Big Surにより、Intel製チップ搭載MacとM1搭載Macのどちらでも実行可能なユニバーサルアプリも実現する。さらに、初めて「iPhone」と「iPad」向けのアプリを直接Macで実行できるようになるという。Adobeは同社製アプリのユニバーサル版として、まず12月に「Lightroom」を、2021年前半に「Photoshop」をそれぞれリリースする。

 macOS Big Surは、すべてのMacユーザーに向けて11月13日に提供開始される。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]