バンナム、「シャニマス」でオンラインライブ--ドローンカメラを使った映像演出も - (page 3)

佐藤和也 (編集部)2020年11月03日 21時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 後半はユニット混合シャッフルメドレーと題し、それぞれのユニットから1人ずつ、5人または6人でシャイニーカラーズのさまざまな楽曲を歌うという、これまでにはなかったステージを展開。終盤にはキャスト陣がそろって登場し、代表曲でもある「Spread the Wings!!」、そしてCD「GR@DATE WING」シリーズで歌われている「シャイノグラフィ」を披露した。

ユニット混合シャッフルメドレー(写真はすべて1日目)
ユニット混合シャッフルメドレー(写真はすべて1日目)
「Spread the Wings!!」
「Spread the Wings!!」
「シャイノグラフィ」
「シャイノグラフィ」

 シャイニーカラーズとして約1年ぶりのライブステージ。両日ともに18曲が披露されたなかで、ノクチルの初ステージやユニット混合シャッフルメドレー、ドローンなどといった新しい試みや演出を盛り込み、新鮮な気持ちで、それでいて見たかったものが見れたライブとなっていた。

 また余談ではあるが、筆者お気に入りのアイドルが桑山千雪で、ユニットがアルストロメリアということを踏まえてみると、1日目は「Bloomy!」と「ハピリリ」が披露された中では、Bloomy!においてセンターステージで3人がその中央を向きながら歌うシーンでは、ドローンが旋回するように3人のことを映し出していたのが印象的。また2日目の「アルストロメリア」では、前川さんが歌うソロパートで、甜花のことを見守る千雪さんと甘奈の姿を彷彿させるように、芝崎さんと黒木さんが様子を見ているシーンでは、ドローンによってより伝わりやすい映像になっていた。さらに「Love Addiction」は、CD発売記念イベントのみで披露されて楽曲だっただけに、見たいものを見ることができたと思った次第だ。

 なお本公演は、2日間それぞれ11月8日23時59分までアーカイブ配信を実施。販売は7日23時59分までとなっている。あわせて映像商品化も決定し、発売時期は2021年春を予定しているという。

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]