logo

フリマアプリ「ラクマ」で出品代行サービス「ラクまるっと」が開始

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天は10月29日、同社が運営するフリマアプリ「ラクマ」において、出品したい不用品を指定の集荷センターに発送することで、代行業者が希望者に代わって出品するサービス「ラクまるっと」を開始したと発表した。

キャプション

 このサービスは、楽天IDを所持していない人を含め、ラクマに不用品を出品したい人が対象。利用するには、同サービスサイト内の申し込みフォームから連絡先などの本人情報と商品情報、本人確認に必要な身分証のコピー(写真)を登録する必要がある。

 その後、代行業者であるフロンティアエンプロイメントにより出品審査が行われ、出品可能と判断された場合は、利用者に発送伝票が送付される。この時の審査では、登録した商品情報から取り扱いが可能な商品かどうか、取り引きが成立した場合の送料とその他コストを差し引いた売上金などを確認する。

 発送伝票を利用して、指定の集荷センターに商品を送付することで出品依頼手続きは完了する。なお、送られてくる伝票で発送できるのは100サイズ(外寸合計100cm)以内。それを超える場合は、送料が全額利用者負担となる。

 集荷センターに集められた商品は、その場で検品やブランド品の場合は鑑定をした後、商品撮影が行われ、到着後10日程でラクマ内のラクまるっと公式ショップに代行業者が価格を設定のうえ、出品する。

キャプション

 各商品の出品期間は6週間となり、取り引き状況や価格はラクまるっとのマイページで確認可能。期間内に商品が売れた場合、利用者は販売額から出品代行手数料と購入者への送料が差し引かれた金額を、マイページにて振り込み申請して受け取れる(振込手数料は220円)。

 出品代行手数料は、販売額が5000円未満の場合は税別1800円。5000円から9999円の場合は1250円+販売額の12.5%(税別)。1万円以上の場合は、2000円+販売額の12.5%(税別)。

 なお、出品期間内に取り引きが成立しなかった商品については、自宅へ返送(着払い)、CIESFを通じて発展途上国へ寄付、代行業者にて破棄の3つから対応が選択できる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]