logo

東芝、テレビを”まるごと録画”付きに変えるタイムシフトマシンハードディスク

加納恵 (編集部)2020年10月27日 11時49分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝映像ソリューションは10月27日、地上デジタル6チューナー、BS、110度CSデジタル5チューナーを搭載した「D-M210」を発表した。最大6チャンネルを約1週間分、タイムシフト録画ができる。発売は11月20日。市場想定税別価格は5万4000円前後になる。

「D-M210」
「D-M210」

 タイムシフト録画は、複数チャンネルのテレビ番組をまるごと録画できる機能。テレビ「レグザ」の上位シリーズに搭載されている。D-M210は、まるごと録画機能を取り出した。タイムシフトマシン以外のレグザにもまるごと録画機能が追加できるほか、主要9社のテレビのリモコンコードに対応し、他社製テレビもタイムシフトマシンになる。

 リモコンの「タイムシフトリンクボタン」から、「始めにジャンプ」「過去番組表 」「ざんまい スマートアクセス」にアクセスし、見たい番組や見逃した番組をいつでも視聴できることが特徴。タイムシフトマシン内蔵レグザと組み合わせれば、レグザの過去番組表に加え、最大12チャンネルのタイムシフトマシンとして使える。

 BDレコーダー「レグザブルーレイ」同様に、再生コースを選んで効率よく視聴できる「時短機能」を備えたほか、録画した番組をスマートフォンに持ち出せる「スマホ de レグザ」機能も搭載する。

 サイズは高さ59mm×幅285mm×奥行き208mmで、重量約1.8kg。2TBのHDDを備え、6チャンネル分のタイムシフトで約172時間の録画に対応する。

過去番組表
過去番組表
リアパネル
リアパネル

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]