テスラ、EVとバッテリーの製造に2年で最大1兆2600億円を投資へ

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)2020年10月27日 11時21分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Teslaが今後数年間に、電気自動車(EV)の製造とバッテリーに関する大規模プロジェクトを計画していることは周知のとおりだ。しかしこのほど、その費用が120億ドル(約1兆2600億円)に上る可能性のあることが明らかになった。Teslaが米証券取引委員会(SEC)に提出した2020年7-9月期の四半期報告書(Form 10-Q)によると、同社の設備投資額は2021年度と2022年度にそれぞれ45億~60億ドル(約4700億~6300億円)に上る予定だという。Teslaは現在、ドイツのベルリンと米テキサス州オースティンの2カ所に工場を建設中だ。

Tesla車
提供:Nick Miotke/Roadshow

 この巨額の費用は工場の建設だけでなく、最終製品である車両の製造にも投じられる。Teslaはこれについて、さまざまなプロジェクトの優先事項が影響するため、設備投資の額には多少の変動が生じる可能性があることを報告書に明記している。変動をもたらす要素には、既存製品の「生産調整」も含まれる。加えてTeslaは、「Model Y」や「Solar Roof」の生産拡大に向けた取り組みを続けているほか、新たなバッテリーセル技術も開発中だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]