logo

Noble Audio、2倍の強度で途切れにくい完全ワイヤレス「FALCON2」--”ウィザード”チューニング

加納恵 (編集部)2020年10月23日 11時54分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エミライは10月23日、Noble Audioの完全ワイヤレスイヤホン「FALCON2」の取り扱いを開始すると発表した。ワイヤレス充電に対応したほか、IPX7の防水性能を備える。発売は10月30日。想定税別価格は1万3900円になる。

「FALCON2」
「FALCON2」

 Noble Audioでは、2019年に完全ワイヤレスイヤホン「FALCON」を発売。FALCON2では、音質、接続性、使いやすさをさらに進化させたとしている。

 音質チューニングは、Wizard(魔法使い)の愛称で知られる、聴覚学者であり聴覚専門医のジョン・モールトン氏が担当。最新クアルコム製SoC「QCC3040」の音質的特徴を踏まえ、DSPによる音響特性を再調整することでつくりあげた。

 ダイナミックドライバには、初代FALCONと同じ「Dual-layered Carbon Driver(D.L.C. Driver)」を搭載し、QCC3040と組み合わせることで、低域は20Hzから高域は24kHzまで再生に対応する。

 電波干渉の多い場所での利用でも途切れにくい「High Precision Connect Technology2」は、従来の2倍の電波強度を達成し、優れた接続安定性を実現。Bluetooth帯域に最適化されたアンテナ設計で、イヤホン装着時の位置、角度をイヤホン使用時の通信状況に合わせているという。

 約10時間の連続再生ができるほか、15分の充電で2時間の再生ができる急速充電にも対応。電源を入れるごとにバッテリー残量の多い方をマスターイヤホンに自動的に切り替え、バッテリーの片減りを防止するマスタースワップ機能も備える。

 対応コーデックは、SBC、AAC、aptX Adaptive。イヤホンを装着していても周囲の音が聞こえる「ヒアスルー機能」も装備。IPX7対応で、雨の日やスポーツ中でも安心して使える。紛失した場合、特別価格で新品と交換できる「紛失補償サービス」も用意する。

充電ケースは手のひらサイズ
充電ケースは手のひらサイズ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]