logo

Facebookコンテンツを審査する独立の「監督委員会」が始動

Andrew Morse (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年10月23日 11時07分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FacebookまたはInstagramで自分の投稿が誤って削除されたと思われる場合に、監督委員会に異議を申し立てられるようになった。両ソーシャルネットワークからも、20人で構成される監督委員会にレビューを依頼できる。委員会は今後、両ソーシャルネットワークが削除しないと判断したもののユーザーから苦情がある投稿を審査することもできるようになる。

FacebookのCEO、Mark Zuckerberg氏
2019年10月に議会で証言したFacebookの最高経営責任者(CEO)、Mark Zuckerberg氏
提供:Getty Images

 活動開始まで2年を要した同委員会は、Facebookの判断を支持または却下でき、Facebookはその決定に従うことになる。Facebookは事例管理ツールという新システムを構築しており、これにより世界各地に居住する委員会のメンバーは、個人の特定が可能なユーザー情報のセキュリティを確保しながら、申し立てについて調査できる。委員会は、元判事や法律家、ジャーナリストで構成され、ほとんどの事例で90日以内に決定を下す。緊急の事例は30日以内に審査が完了する。

 デンマークの元首相で、委員会の共同議長を務めるHelle Thorning-Schmidt氏は記者会見で、「Facebookは、法律に違反する可能性がない限り、われわれの決定を履行しなければならない」として、「われわれは当然ながら、そうした取り組みに対して同社に説明責任を果たさせる」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]