logo

アップル、「iPhone 12」発売を前にコロナ対応店舗「エクスプレス」を拡大

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年10月23日 09時29分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、多くの顧客が店舗に殺到すると予想される「iPhone 12」の発売を前に、従業員と買い物客を守ることを目的とした、「エクスプレス」という新しい店舗形式を拡大している。この店舗は、前面にプレキシガラス製のシールドを取り付けた販売カウンターがあり、その後ろの壁にアクセサリーや商品が陳列された形態となっている。顧客は予約をした上で、注文を受け取ったり修理を依頼したりすることができる。

Appleのロゴ
提供:Óscar Gutiérrez/CNET

 この新しい店舗形式により、忙しくなることが予想されるクリスマスシーズン中に、Appleは直営店を運営しやすくなりそうだ。同社はこれまで一部の直営店で、この新しい形式を試験的に導入していた。米CNETはAppleにコメントを求めたが、直ちに回答は得られなかった。エクスプレス店舗の拡充については、Reutersが先に報じていた

 Appleは、米国における新型コロナウイルスの感染拡大状況に応じて、直営店を休業したり再開したりと、慎重な対応をとってきた。新型コロナウイルスの感染者数は世界で4100万人を超え、死亡者数は110万人を超えている。

 デザインが刷新され、新たに5Gワイヤレス技術に対応したiPhone 12の発売を目前に控えたタイミングで、今回の新しい店舗形態の拡大が明らかになった。Appleを専門とする著名アナリストのMing-Chi Kuo氏は、iPhone 12の予約注文数が、2019年の「iPhone 11」の2倍を上回っていると予測している。

 Appleは直営店の形態に変更を加えており、AppleファンはiPhone 12発売に胸を躍らせているかもしれないが、米CNETのRoger Cheng記者はオンライン注文を推奨し、「新型コロナウイルスに感染するリスクを負ってまで、Appleストアの前の熱狂的な行列に並ぶことに価値はない。実店舗は避けよう」としている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]