logo

植物肉スタートアップのDAIZ、きちりホールディングスと資本業務提携

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・製造するスタートアップのDAIZは10月22日、国内外で飲食事業を展開するきちりホールディングスと資本業務提携を締結したと発表した。


 同提携により、きちりホールディングスが運営する「いしがまやハンバーグ」において、「ミラクルミート」を採用したハンバーグ「石窯で焼き上げる プレミアムハンバーグ ライト」(植物肉と畜産肉を使用したハーフ&ハーフのハンバーグ)と「石窯で焼き上げる プラントベースミートハンバーグ」(植物肉を100%使用したハンバーグ)の新商品2種を10月23日より提供開始する。

 いずれも、美味しさ、高タンパク低脂質、高機能(栄養価値)を特徴とした商品になるという。

 また、きちりホールディングスの新事業(店舗を持たずにデリバリーサービスで希望者へ提供する飲食店のビジネスモデル)であるゴーストレストラン「XMEAT」において、「ミラクルミート」を採用した商品の提供を10月23日より開始する。

 同社によると、きちりホールディングスが「ミラクルミート」の販売代理を行うことも合意しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]