logo

Go Toトラベル「地域共通クーポン」の電子クーポン体験記--活用には事前の準備を

佐藤和也 (編集部)2020年10月23日 15時27分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月上旬にGo Toトラベルを活用し、付与された地域共通クーポンの電子クーポンを実際に使用した。その体験を通じて感じたこと、活用するために事前に知っておきたいことをお伝えしたい。なお記載の内容は10月上旬に滞在した札幌ならびに、その近隣地域の話であり、掲載時とは状況が異なる場合があることをあらかじめご了承いただきたい。

全国的に見かけるようになった、地域共通クーポンの取り扱い店舗と、その告知ポスター
全国的に見かけるようになった、地域共通クーポン取り扱い店舗の告知ポスター

 地域共通クーポンは、旅行代金の15%相当額を旅行者に配布するというもの。旅行先の都道府県と、隣接都道府県において、旅行期間中に限り使用可能。紙クーポンと電子クーポンの2種類があり、お釣りは出ない。旅行業者や宿泊事業者から配布されるものとなっている。10月1日以降出発するものを対象としている。

 地域共通クーポンの配布は、予約する旅行会社や購入方法によって紙クーポンと電子クーポンに分かれる。このあたりは予約をする旅行会社のサイトなどで必ず確認をするようにしよう。電子クーポンの利用には、チェックイン当日15時以降に電子クーポンのサイトにアクセス。旅行会社から案内された所定の情報を入力してクーポンを発行する。期限はチェックアウト日の23時59分までとなっている。

 実際に利用する場合、マイページにクーポン残高が表示され、発行したいクーポンの金額のボタンを選択して「クーポンを発行する」ボタンを押す。発行券種は「1000円」「2000円」「5000円」の3種。そして利用可能店舗のQRコードを読み取り、店員に確認のうえ、ボタンを「利用済み」に変更する。そして利用済みの画面を店員に提示して完了するという流れだ。詳細については、地域共通クーポンの詳細はGo To トラベルの旅行者向け公式サイトを参照していただきたい。

電子クーポン使用の流れ
電子クーポン使用の流れ
こちらは実際の電子クーポンの画面。「QRコードをスキャンする」で読み取り画面が立ち上がる
こちらは実際の電子クーポンの画面。「QRコードをスキャンする」で読み取り画面が立ち上がる
読み取ると、その店舗で使用するかの確認画面が表示。店員に提示しながら「利用済みにする」をタップすると、決済が完了する
読み取ると、その店舗で使用するかの確認画面が表示。店員に提示しながら「利用済みにする」をタップすると、決済が完了する
地域共通クーポンの取り扱い店舗では、利用可能かクーポンを掲示している。電子クーポンにチェックが入っているかどうかは、必ず確認しよう
地域共通クーポンの取り扱い店舗では、利用可能かクーポンを掲示している。電子クーポンにチェックが入っているかどうかは、必ず確認しよう

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]