東京メトロなどが「東京デジタルパス」を技術検証--磁気乗車券とデジタルパスが連動

西中悠基 (編集部)2020年10月22日 15時26分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京メトロは10月22日、東京都交通局と共同で、デジタルチケット「東京デジタルパス」の技術検証を実施すると発表した。

 東京デジタルパスは、東京メトロと東京都交通局が発売している磁気乗車券タイプのフリーきっぷ、「東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券」「Tokyo Subway Ticket」と連動するデジタルチケット。磁気乗車券の有効期限を、専用のスマートフォンアプリにより読み取ることで、アプリ画面に東京さくらトラム(都電荒川線)で利用できるデジタルチケットを表示する。両者の有効期限は連動しており、磁気乗車券の期限切れとともにデジタルチケットの利用期間も終了する仕組みとなっている。

「東京デジタルパス」の利用フロー(イメージ)
「東京デジタルパス」の利用フロー(イメージ)

 技術検証は、1都3県に在住のモニター60人が対象。10月27日から30日までの4日間、東京さくらトラムの一部区間で実施する。磁気乗車券とデジタルチケットの連動における操作性や使い勝手をモニターにヒアリングするほか、乗務員に対してはデジタルチケットの視認性などを聞き取り調査する。

 今回の技術検証は、東京メトロが進める、東京における大都市型MaaSの取り組み「my! 東京 MaaS」の一環として実施するもの。my! 東京 MaaSの取り組みとしては、タクシーやシェアサイクルと連携したスマホアプリ「東京メトロ my!アプリ」を、8月に公開している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]