logo

アマゾン、クラウドゲームサービス「Luna」の先行アクセスを開始

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2020年10月21日 11時42分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは米国時間10月20日、クラウドベースのゲーム配信サービス「Luna」への先行アクセスを、招待した少数のユーザーを対象に開始した。先行アクセスの募集には、膨大な数の申し込みがあったという。

Luna
提供:Amazon

 Amazonのエンターテインメントデバイスおよびサービス担当バイスプレジデント、Marc Whitten氏は公式ブログで、「私たちはまだ始動したばかりであり、ストリーマー(ゲーム実況者)とあらゆるプレイヤー、――つまりコア、カジュアル、初心者――にフィードバックを提供してもらう必要がある」と述べた。

 先行アクセスは月額5.99ドル(約630円)で、ゲームチャンネル「Luna+」のライブラリーにある50種類以上のゲームを「Fire TV」デバイス、PC、「Mac」でプレイできるほか、「iPhone」と「iPad」向けウェブアプリを通じて利用できる(「Android」にも近く提供予定)。Ubisoftによる追加のゲーム配信チャンネルも近く開設が予定されている。

 Amazonは、初期段階で受け入れるプレイヤーの数を明らかにしていないが、今後数カ月でさらに多くを招待する計画だと述べている。

iPadで表示したLunaのダッシュボード
iPadで表示したLunaのダッシュボード
提供:Lori Grunin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]