logo

Square、無料のEC作成サービスを日本で提供開始--テイクアウトやPOSアプリ連携に対応

山川晶之 (編集部)2020年10月15日 17時55分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 店舗向け決済サービスなどを提供するSquareは10月15日、無料でECサイトが構築できる「Square オンラインビジネス」を日本でも提供開始したと発表した。

キャプション
Squareの無料EC作成ツール「Square オンラインビジネス」

 BASEやSTORESなどと同様、コーディングやウェブサイト制作の知識がなくても自社オリジナルのECサイトを開設できるのが特徴。Squareの本業である決済機能も備えており、一律3.6%の決済手数料以外、初期費用や月額利用料、振込手数料は一切なしで利用できる。売上は、最短翌日入金に対応しており、スピーディーな現金化が可能だ。

 また、InstagramやFacebookとの販売連携、飲食店向けのテイクアウト機能なども搭載。テイクアウトの時間を各店舗で細かく調整したり、注文と同時にオンライン決済するように設定できる。セルフオーダーシステムの実装も予定しており、数カ月以内での提供を目指すという。

キャプション
テイクアウト機能も実装

 Squareでは、店舗向け決済サービス以外にも、スマートフォンやタブレットを使ったPOSレジアプリ「Square POSレジ」を提供しているが、同サービスをすでに利用している店舗の場合、 オンラインビジネスと実店舗の在庫や売上、入金状況などをSquare上でまとめて管理できるという。さらに、APIも提供しており、オンラインビジネスの売上データなどを外部のPOSシステムと連携させることも可能としている。

 以上の機能すべてが無料で使える代わりに、Squareに関する広告などが表示される。有料プランも用意されており、広告の非表示やカスタムドメインが選択できる月額1200円の「プロフェッショナル」プラン、これに商品レビューの掲載や“カゴ落ち”したユーザーにメールで通知する機能を追加した、月額2500円の「パフォーマンス」プランを揃える。決済手数料を3.3%に減額した「プレミアム」プランも月額6800円で利用できる。

キャプション
カスタムドメインが選べる有料プランも用意

 同社によると、新型コロナウイルス感染症の流行にともなう営業自粛をきっかけに、世界中でオンラインチャネルへの販路拡大ニーズが上昇。オンラインビジネスは、もともとグローバルでの提供に向けて準備を進めていたものの、コロナ禍で開発を加速している。同社でEコマースのヘッドを務めるデイビッド・ルセンコ氏は、コロナの影響について「数年単位必要だと考えていたオンラインへのシフトが数カ月で起こった」と語る。

キャプション
Square Eコーマスヘッドのデイビッド・ルセンコ氏

 Squareでは、ECまでは必要ではないもののオンライン販売に対応したい店舗向けに「Square オンラインチェックアウト」も提供する。これは、金額など必要な情報を手順に沿って入力するだけで、決済ボタンや決済ページのリンクを生成。SNSにリンクを貼るだけでオンライン販売が可能になるという。

キャプション
オンライン決済が利用できる「Square オンラインチェックアウト」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]