logo

NASA、野口聡一氏が搭乗する「Crew-1」ミッションの打ち上げを延期

Amanda Kooser (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年10月13日 12時08分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SpaceXの宇宙船で国際宇宙ステーション(ISS)を目指す「Crew-1」ミッションの打ち上げが10月31日に行われることはなくなった。

NASAのMichael Hopkins氏、Victor Glover氏、Shannon Walker氏、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の野口聡一氏
NASAのMichael Hopkins氏、Victor Glover氏、Shannon Walker氏、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の野口聡一氏
提供:NASA

 ISSに宇宙飛行士を送り込むというSpaceX初の定期ミッション(つまり、テストミッションではない)の打ち上げは早くても11月初旬から中旬になると、米航空宇宙局(NASA)は米国時間10月10日に発表した

 NASAによると、延期の理由は、別のミッションで見つかった「『Falcon 9』ロケットの第1段エンジンのガスジェネレーターで起こった想定外の動作」について調査するため。問題の動作がFalcon 9を使ったどの打ち上げ計画で見つかったのかは明らかにしていない。

 SpaceXやBoeingの協力でNASAが進めている「商業乗員輸送プログラム」(Commercial Crew Program)は、宇宙飛行士をISSまで送るのにロシアの宇宙船を利用するしかない状況に終止符を打つことを目指している。Crew-1ミッションには、NASAの宇宙飛行士であるMichael Hopkins氏とVictor Glover氏、およびShannon Walker氏が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)に所属する野口聡一氏とともに参加しており、ロケットの打ち上げを待っている状況だ。

 SpaceXは、宇宙飛行士のミッションだけに関わっているわけではない。11月10日にはNASAの海洋監視衛星を打ち上げる計画があるほか、ISSに物資を送り届けるミッションも控えているが、どのミッションもFalcon 9のロケットシステムに依存している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]