logo

「アマゾンの箱」、すぐ捨てずにARで遊べるアプリが登場

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年10月13日 10時44分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 梱包箱を捨てずにため込んでしまう癖が役に立つ日がついに来たかもしれない。Amazonが新しい拡張現実(AR)アプリをリリースした。Amazonの箱にあるQRコードをスマートフォンのカメラでスキャンすると、「インタラクティブで共有可能な」体験が生み出されるという。このアプリは無料で、iOS版は「Amazon Augmented Reality」、Android版は「Amazon AR Player」という名称で提供されている。

Amazonの新しいARアプリ
提供:Amazon/Screenshot by Shelby Brown/CNET

 「拡張現実は、Amazonの箱をリサイクルボックスに入れるまでの間、再利用するための楽しい方法だ」と、Appleの「App Store」の説明には書かれている。

 App Storeに掲載されている同アプリのスクリーンショットには、その箱を使ったさまざまな遊び方が示されている。QRコードをスキャンすると、小さなARのコーギー犬が出てきて遊べたり、梱包箱がARの自動車に変わったりする。何も描かれていない白いかぼちゃに顔を描き、スキャンして、ARで表示することもできる。

AmazonのARアプリでできること
提供:Amazon/Screenshot by Shelby Brown/CNET

 動画でも、アプリでできることの一例が紹介されている。

 同アプリは米国向けApp Store、および「Google Play」ストアで提供されている。Amazonの箱を使って楽しむことを主眼としているが、Amazonのウェブサイトでは箱がなくてもこの機能を試すことができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]