logo

[ブックレビュー]上達への一歩--「英語を話したいなら、まずは日本語の話し方を変えなさい!」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SBクリエイティブ
内容:本書は、今ある英語力を、最大限に生かして話せるようになることを目的としている。「英語が全く分からないわけではないのに、パッと文章が口から出てこない」「回りくどい言い方になってしまって、本来の意味が伝わるのに時間がかかってしまう」などの悩みを抱えている人が、現状打破を目指すのにぴったりの1冊だ。
「英語を話したいなら、まずは日本語の話し方を変えなさい!」
「英語を話したいなら、まずは日本語の話し方を変えなさい!」

 本書は、今ある英語力を、最大限に生かして話せるようになることを目的としている。「英語が全く分からないわけではないのに、パッと文章が口から出てこない」「回りくどい言い方になってしまって、本来の意味が伝わるのに時間がかかってしまう」などの悩みを抱えている人が、現状打破を目指すのにぴったりの1冊だ。

 英語が口から素早く出てこないのは、そもそも、元にしている「日本語」が、英語にするには複雑すぎるからだというのは、目からウロコの発想だ。「つまり、この日本語の文章が言いたいことは?」と、日本語の文章を分解していき、英語にするのにふさわしい語順に並べ替えてから英文を作る。それを、日本語で考える時からサッとできるようにする。そのやり方と訓練方法が、詳しく解説されているのだ。

 実のところ、「自分が考える日本語」について、これほどまでに細かく分解して考えたことのある日本語の母語話者は多くないのではないか。本書を読み進めていくと、自分の言いたいことを簡単に英語で表現できるようになることに驚くと同時に、自分の話す「日本語」や、日本語の「てにをは」や接続詞などについて、改めて、よく考えるようになるのではないか。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]