logo

「バーチャルキャスト」がスタンドアロン型VRHMD「Oculus Quest」と「2」に対応へ

佐藤和也 (編集部)2020年10月01日 14時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バーチャルキャストは9月30日、VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」について、VRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)「Oculus Quest」および「Oculus Quest 2」に、10月13日から対応すると発表した。

 バーチャルキャストは、バーチャルキャラクターになったユーザー同士がVR空間のスタジオでリアルタイムにコミュニケーションできるVRライブ・コミュニケーションサービス。これまでは、PCやPC用VR機器でのみプレイ可能となっていたが、スタンドアロン型のVRHMDであるOculus Questと、その後継機にあたるOculus Quest 2にも対応。PCに接続せずとも、手軽にバーチャルキャストの仮想空間にダイブすることができるようになるという。

 なお、Quest版バーチャルキャストはPC VR版に比べ、自作キャラクターやアイテムの連携などの一部機能が制限されるが、今後のバージョンアップによって順次機能を追加していく予定としている。

すぐに変身可能な複数のキャラクターを用意
すぐに変身可能な複数のキャラクターを用意
コミュニケーションを盛り上げる数々のアイテムも用意されている
コミュニケーションを盛り上げる数々のアイテムも用意されている

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]