logo

ホンダ、二輪車用コネクテッドサービスを法人向けに開始--運転状況から日報を自動作成

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本田技研工業(Honda)は9月24日、ビジネスシーンで活躍する二輪車に車載通信機を取り付けることで、業務運用上の各種動態管理を可能とする二輪車用コネクテッドサービス「Honda FLEET MANAGEMENT」を、10月1日より法人企業向けに開始すると発表した。

キャプション

 Honda FLEET MANAGEMENTでは、業務運用における二輪車のリアルタイム位置情報をはじめ、加速・減速などの運転状況、訪問地点や走行距離などを記録し日報を自動作成するほか、あらかじめ登録した地点への接近・到着を管理者にメールで通知する機能などを備える。スマートドライブのモビリティデータプラットフォームを活用しているという。

 日常業務における二輪車の稼働状況をリアルタイムに把握し、取得・蓄積したデータをビジネスユース二輪車のより効率的な運用に活用できるほか、乗務員の安全運転啓発にも役立てられるとしている。

 主な対応機種は、電動二輪車の「ベンリィ e: Ⅰ」「ベンリィ e: Ⅰプロ」「ベンリィ e: Ⅱ」「ベンリィ e: Ⅱプロ」。ガソリンエンジン車(PGM-FI採用の車両に限る)の「スーパーカブ50」「スーパーカブ50 プロ」「スーパーカブ110」「スーパーカブ110 プロ」「ベンリィ」「ベンリィ プロ」「 ベンリィ110」「ベンリィ110 プロ」「ジャイロX」「ジャイロ キャノピー」。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]