logo

5G対応でも価格を抑えた「Galaxy S20 FE」発表--約7万4000円

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年09月24日 10時25分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは、この2カ月間で3度目となるオンラインのUnpackedイベントを米国時間9月23日に開催し、「Galaxy S20 Fan Edition(FE)」を発表した。この製品は、例年とは異なる今の状況に合わせて設計されている。5G接続など、Galaxy S20シリーズの他の製品に搭載されている一部のハイエンドな機能を備えつつ、価格は699ドル(約7万4000円)から。通常のGalaxy S20より約300ドルも安い。超高速のミリ波5G接続が追加されたVerizonモデルもあり、こちらは749.99ドル(約7万9000円)。

Galaxy S20 FE
提供:Samsung

 Galaxy S20 FEは6.5インチの画面と、Galaxy S20シリーズの他の製品と同じ「Snapdragon 865」プロセッサーを搭載し、IP68の防水性能を備える。背面には、Galaxy S20や「Galaxy S20+」にも搭載されている30倍の「Space Zoom」を含む、3つのカメラレンズを装備する。カラーはクラウドレッド、クラウドオレンジ、クラウドラベンダー、クラウドミント、クラウドネイビー、クラウドホワイトの6色展開。Galaxy S20シリーズの他の製品との最大の違いの1つは、背面がガラスではなくプラスチックであることだ。

クラウドミント
クラウドミントなど6色で提供される
提供:Samsung

 Galaxy S20 FEは米国で10月2日に発売予定だ。

 1000ドルの端末には手が出せないが「Galaxy S」シリーズの高度な機能が欲しくて、さらに低価格で機能を抑えた「Galaxy A」ではなくGalaxy Sブランドが欲しい人を惹きつける狙いとみられる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]