講談社、インディーゲームクリエーターの支援プロジェクトを始動

佐藤和也 (編集部)2020年09月14日 18時33分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 講談社は9月14日、インディーゲームクリエーターを支援するプロジェクト「講談社ゲームクリエイターズラボ」の発足を発表。9月15日から第1期メンバーセレクションを開始する。

 選考を通じ選出されたメンバーに対し、開発支援金として年間で最大1000万円を支給するほか、完成したゲームの配信、宣伝、国際展開などのサポートを行うという。なお、プロジェクトのスペシャルサポーターとして、ゲームキャスターの岸大河氏をむかえるほか、多くのインディーゲームコミュニティやゲームスクールとも協力を図っていくとしている。

 第1期メンバーセレクションについて、応募資格は2年以内にオリジナルゲームを開発する企画と技術を持った人物またはサークル。募集期間は11月3日まで。募集人数は最大で5企画、5名(または5サークル)を予定。募集する企画は「世界で楽しまれることを見据えたデジタルゲーム、アナログゲーム」「講談社のコンテンツを使用したゲーム企画も可(条件あり)」としている。プロジェクトの詳細や応募フォームは、講談社ゲームクリエイターズラボ募集ページへ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]