logo

ボーズの次世代無線イヤホン「QuietComfort Earbuds」、9月29日に米国で出荷開始

David Carnoy (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年09月11日 12時08分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:Bose

 長く待ち望まれていたBoseの次世代完全ワイヤレスイヤホンについて、ついに正式な出荷開始日が明らかになった。アクティブノイズキャンセリング機能を搭載した「QuietComfort Earbuds」(279.95ドル:日本では3万3000円)は、新たな「Sports Earbuds」(179.95ドル:同2万4200円)と併せて事前予約が米国で始まり、いずれも米国時間9月29日に出荷が開始される予定だ。

QuietComfort
QuietComfort Earbuds
提供:Bose

 BoseはQuietComfort Earbudsのノイズキャンセリング機能について、「世界で最も効果的」であり、「画期的な音響イノベーション」が「鮮明でクリアな音質と、深みのある豊かな低音」につながるとアピールしている。「クリア」な通話用にカスタムデザインのマイクアレイを備え、バッテリー持続時間は最大6時間で、耐汗性と耐候性に優れ、AirPods Proと同様に防水規格IPX4を満たしている。また、ワイヤレス充電およびUSB Type-C(USB-C)充電に対応するケースは、2回分のフル充電が可能で、15分の充電でバッテリーが2時間持続する急速充電機能も備える。

 カラーはトリプルブラックまたはソープストーンで、Bose製イヤーチップ「StayHear」の新バージョン「StayHear Max」が付属する。これは非常に快適で、イヤホンが耳にしっかりフィットして外れないはずだ。ノイズキャンセリングは調整可能で、外部音透過モードであれば周囲の音も耳に届くため、イヤホンを着けたまま会話できる。両製品ともタッチ操作に対応する。

 Boseによると、Sport EarbudsはQuietComfort Earbudsよりやや小型で軽いという。Sport EarbudsもIPX4に準拠し、耐汗性と耐候性に優れているが、仕様上のバッテリー持続時間は5時間(QuietComfort Earbudsの6時間より短い)で、同じくワイヤレス充電対応のケースから2回分のフル充電が可能だ。

Sport Earbuds
Sport Earbuds
提供:Bose

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]