logo

JALとパナソニック、羽田空港でアバター式リモート接客を実証実験--非接触、非対面でおもてなし

加納恵 (編集部)2020年09月08日 20時28分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本航空(JAL)とパナソニック システムソリューションズ ジャパンは9月8日、パナソニックが提供するアバター式リモート案内サービスを使った共同実証実験を開始すると発表した。オペレーターが遠隔から対応することで、非接触、非対面での接客を実現する。

JALとパナソニック、アバター式リモート案内サービスの共同実証実験を開始
JALとパナソニック、アバター式リモート案内サービスの共同実証実験を開始

 実証実験では、離れた場所にいる係員がディスプレイ上のアバターを通し、出発ロビーや搭乗口で、お客さまへの案内を実施。アバターは操作している係員の表情を認識、反映するため、リモートによる非接触、非対面ながら、表情豊かで、対面に近い案内ができるとしている。

 実証実験期間は9月14~25日。羽田空港第1旅客ターミナルビル内JAL国内線搭乗口の一部、航空券予約、購入、変更カウンター(40番)で実施し、4台を用意する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]