カンカク、3.5億円の資金調達--サブスクサービスとECの拡充へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カンカクは9月7日、シリーズAラウンドにおいて、ジェネシア・ベンチャーズ、Coral Capital、Heart Driven Fundらを引受先とする3.5億円の第三者割当増資を実施したと発表した。

 同社は、2019年8月に完全キャッシュレスカフェ「KITASANDO COFFEE」、2020年2月にパーソナライズドカフェ「TAILORED CAFE」1号店を麻布十番にてオープンしている。また、店舗展開と並行して独自モバイルオーダーアプリ「‎COFFEE App」を開発・提供。

 アプリの特徴であるサブスクリプション機能「メンバーシップ」では、リリースから約半年ほどで累計会員数が1,000名を突破。2020年6月には、夜パフェブランド「parfait×parfait」のオンラインショップをオープンしてD2C領域に参入し、オンラインとオフライン両軸での事業成長を続けている。

 今回の増資により、2021年春頃までをめどに、渋谷と六本木にて新店舗の出店を予定。さらには、サブスクリプションサービスとECの拡充に取り組むという。

 加えて、エンジニア・デザイナー・PMなどの職種を中心に、採用活動を積極的に実施。店舗運営とアプリ開発のノウハウを生かし、さまざまな領域の企業との提携を視野に入れながら、飲食業界のDX推進にも取り組むという。

 さらに同社は、アンケートに回答すると16種類のコーヒー豆から自分の好みに合った味が見つかるコーヒー豆のカスタマイズオンラインショップ「Cottea」をM&Aにより事業買収している。今後は、積極的な事業投資と採用活動を本格化し、飲食業界のDX推進に取り組むとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]