logo

Uber Eatsと三井住友海上、包括連携協定を締結--配達パートナーの交通事故防止など

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険は9月1日、Uber Eatsと包括連携協定を締結したと発表した。Uber Eatsのプラットフォームを介して、自転車・原付バイク・軽自動車を利用する配達パートナーの交通事故防止に対する支援と、地域経済の活性化に取り組む。

 協定の内容は、配達パートナー向けとして、三井住友海上が保有する事故データを活用し、業務用自転車における事故頻発要因の抽出・分析により、配達パートナー向けのオリジナル安全運転啓発コンテンツ作成を支援。また、ヘルメットメーカーのオージーケーカブトと連携し、配達パートナー向けにヘルメットの装着や安全性の高い装着方法の啓発や、配達パートナーや事故関係者との事故解決につながる体制構築も支援する。

 さらに、地方創世の一環として、地域の飲食店支援や雇用創出に向けて、Uberのサービスを希望する地方自治体や地域金融機関などにUberを紹介するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]