logo

完全栄養のベースフード、Uber Eats内にハンバーガー専門店「BASE FOOD BURGER」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 完全栄養の主食を開発・販売するベースフードは9月1日、エムピーキッチンのデリバリー専門事業「ゴーストレストラン」とコラボレーションし、完全栄養パン「BASE BREAD」をバンズに使用したデリバリーハンバーガー専門店「BASE FOOD BURGER」を、渋谷エリアを中心にUber Eats内にてオープンしたと発表した。

キャプション

 完全栄養パンBASE BREADは、1食(2個)で1日に必要な栄養素の1/3を摂取できる世界初の完全栄養パン。同量のロールパンと比較して糖質は30〜37%オフであるほか、たんぱく質27g含有(1食2個あたり)で、常温で約1カ月の保存が可能という特徴がある。

 BASE FOOD BURGERでは、BASE FOODシリーズの完全栄養パン「BASE BREAD プレーン」をバンズに使用したハンバーガーを展開する。

 例えば、たんぱく質13.5gを含む約30種類の栄養素がとれるBASE BREADに、1個でたんぱく質が約50gがとれる「しっとりチキン」や「こだわりの手ごねビーフパテ」などを挟み込んだハンバーガーを用意する。

 同社では、体を鍛えている人はもちろん、「ハンバーガーを食べたいけれど、罪悪感がある」という人にもオススメだとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]