logo

ゼンハイザー、ミドルレンジの完全ワイヤレス「CX 400BT True Wireless」

加納恵 (編集部)2020年09月01日 10時54分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゼンハイザーは9月1日、完全ワイヤレスイヤホンにミドルレンジモデル「CX 400BT True Wireless」(CX 400BT)を追加した。上位モデル「MOMENTUM True Wireless2」同等の高音質設計を継承する。発売は9月下旬。店頭想定税別価格は2万3500円になる。

「CX 400BT True Wireless」。ホワイトとブラックの2色を用意する
「CX 400BT True Wireless」。ホワイトとブラックの2色を用意する
USB-Cで充電ができる
USB-Cで充電ができる

 ゼンハイザーでは、5月にノイズキャンセリング機能を搭載したMOMENTUM True Wireless2(店頭想定税別価格:3万6300円)を発売。CX 400BTは、MOMENTUM True Wireless2と同等のドイツ本社で開発した7mmのダイナミックドライバーを採用し、「ミドルレンジモデルにおいても音質を重視する」姿勢を打ち出す。

 アンテナにLDS(Laser Direct Structuring)を採用し、接続するスマートフォンに依存せず、安定した接続を実現。クアルコム製の最新チップも備え、性能面でもMOMENTUM True Wireless2と同様の使い勝手を提供する。

 MOMENTUM True Wireless2は円形、CX 400BTは四角とボディ部分のデザインは異なるが、耳に触れる部分のデザインは同様で、安定感のあるつけ心地を実現。左右のイヤホンにはタッチパネルを備え、触れる回数にあわせてタッチ音を「ピッ、ポッ、パッ」と変化させるなど、使いやすい工夫をしている。

イヤホン部
イヤホン部

 2マイクのビームフォーミングにより、イヤホンをつけたままでの快適な通話をサポート。GoogleアシスタントやApple Siriは、タッチ1回で起動できる。本体のみで約7時間、ケースと合計で最大約20時間の使用が可能だ。

 MOMENTUM True Wireless2がノイズキャンセリングや外音取り込みなどの機能を備えているが、CX 400BTはそうした機能を省き、ミッドレンジモデルの価格帯で上位機同等の音質を確保。充電ケースがコンパクトになった分、ケース併用での充電時間が少なくなっている。

ケースも手のひらサイズにコンパクトになった
ケースも手のひらサイズにコンパクトになった

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]