Kickstarter

ボタンをポチポチ押して直接プログラミング可能なマイコン搭載定規「Digirule 2U」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 筆者が40年前に初めて触れたコンピューターと比べ、現在のPCは隔世の感がある。処理能力、記憶容量、通信速度など、文字通り桁違いに高性能だ。しかし、2進数の論理演算で動くという根本的な原理は、まったく変わっていない。

 そこで、コンピューターの動作原理を学ぶのに最適な、バイナリコードを入力して直接プログラミングできるマイコン搭載定規「Digirule 2U」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。

マイコンを搭載する定規(出典:Kickstarter)
マイコンを搭載する定規(出典:Kickstarter)

 Digirule 2Uは、長さ20cmある定規の表面に、8ビットのマイコンと周辺回路、ボタン、LEDなどを実装したデバイス。ボタンを使ってバイナリコード入力することで、プログラミングとプログラム実行が可能。

8ビットのマイコンなどを実装(出典:Kickstarter)
8ビットのマイコンなどを実装(出典:Kickstarter)
ポチポチとプログラミング(出典:Kickstarter)
ポチポチとプログラミング(出典:Kickstarter)

 USBポートを介して外部モニターに接続すると、デバッグモニターが使える。キーボードを使えば、コード入力やデバッグもやりやすくなるだろう。さらに、アセンブラーも搭載しており、アセンブリ言語によるプログラミングも可能。USBポートは、PCやほかのDigirule 2Uとのデータ交換ができる。

モニターを繋いでデバッグ(出典:Kickstarter)
モニターを繋いでデバッグ(出典:Kickstarter)
アセンブラーを内蔵(出典:Kickstarter)
アセンブラーを内蔵(出典:Kickstarter)

 プログラム保存用に、256バイトの不揮発性メモリスロットを8本備えている。データバスおよびアドレスバスは、いずれも8ビット。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間9月17日まで。記事執筆時点(日本時間8月31日16時)でキャンペーン期間は16日残っているが、すでに目標金額5000オーストラリアドル(約38万8000円)の3倍を上回る約1万7000オーストラリアドル(約131万9000円)の資金を集めている。

Digirule 2Uの紹介ビデオ(出典:Kickstarter)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]