logo

オンライン動画を投影できるアートフレーム「Mono X7」が予約開始--3万9800円から

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FRMは8月28日、オンライン上の画像や動画を投影するウェブブラウザベースのWi-Fiアートフレーム「Mono X7」の先行販売を開始すると発表した。通常価格は税別4万9800円。8月28日から9月30日までの初回限定価格は税別3万9800円。

キャプション
(C)Micheal Paul Young

 MonoX7は、Googleのオープンソース「Chromium」ベースのOSを搭載した、縦型17.3インチのデジタルアートフレーム。設定などの各種操作は、同一ネットワーク上にある専用アプリを導入したスマートフォンを利用する。

 自分で撮影・制作した画像だけでなく、「FEED機能」によりオンライン上の画像・動画にも対応。さらに、専用のオンラインアートギャラリー「FRAMED Gallery」を通じて購入した、世界中のデジタルアートクリエイターの作品の投影も可能となっている。

 本体サイズは、幅約232mm×高さ約398mm×厚さ約15mm。重量は約1.6kg。ディスプレイは、ノングレアタイプの縦型17.3インチ Full HD IPS(1080×1920ピクセル/326dpi、1670万広色域(P3))。

キャプション
キャプション

 CPUはIntel クアッドコア X5-Z8350(1.92GHz)。グラフィックスは、Intel HD Graphics 2GHz(500MHz)。メモリは4GB DDR3。保存容量は32GB EMMC。無線LAN(Wi-Fi)規格は802.11ac。対応フォーマットは、JPG、PNG、GIF、RAW、BMP、PNG AVI、MPEG、MOV,MP4、FLASH、Processing、openFrameworks、vvvvなど。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]