logo

ヤマハ史上最小、横幅60cmのサウンドバー--テレビの音聴きやすく

加納恵 (編集部)2020年08月27日 17時08分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは、横幅60cmのコンパクトボディを実現したサウンドバー「SR-C20A」を発表した。テレビの音の聴き取りやすさにこだわった。発売は10月1日。想定税別価格は1万9800円前後になる。

「SR-C20A」
「SR-C20A」

 SR-C20Aは、高さ64mm✕幅600mm✕奥行き94mm(テレビ前置き設置時)のコンパクトボディで、ヤマハ史上最小を実現。4.6cmフルレンジスピーカーを2基、7.5cmサブウーファー1基とパッシブラジエーター2つを搭載し、サブウーファーとパッシブラジエーターにはウェーブガイド設計を採用する。

 人の声を聴きやすくする「クリアボイス」と低音を増強する「バスエクステンション」機能も備え、テレビの音を聴きやすくグレードアップ。ヤマハ独自のチューニングによりサラウンド効果を高め、画面の真ん中から音が聴こえる優れた定位感とワイドかつ豊かな臨場感を実現する。

 ラウンドフォルムを採用し、光沢感のあるファブリックカバーを使用。軽く触れるだけで電源や音量などを操作できる。専用アプリ「Sound Bar Remote」を使えば、電源オン、オフ、音量調整、入力切り替えのほか、ステレオ、スタンダード、映画、ゲームと4つあるサウンドプログラムの切り替え、LEDインジケーターのディマー設定も可能だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]