名刺管理のSansan、書き起こしメディア「ログミー」を買収

藤井涼 (編集部)2020年08月27日 07時41分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウド名刺管理サービス「Sansan」などを展開するSansanは8月26日、書き起こしメディアを運営するログミーの株式を取得し、子会社化することを発表した。

 Sansanでは、名刺管理サービスのSansanや、名刺をビジネスのつながりに変えるアプリ「Eight」などを提供。また、各サービスの機能や内容拡充を目的に、プライベートカンファレンスやビジネスイベントなども開催している。

 一方のログミーは、2013年8月に設立され、スピーチや対談、記者会見などを全文書き起こしてログ化し、発信するメディアを運営している。

 具体的には、ITやイノベーション、起業などをテーマにしたイベント・カンファレンスの内容を情報感度の高いビジネスリーダー層に届けるメディア「logmi Biz」や、アナリスト・機関投資家向け決算説明会などの情報を、個人投資家を中心とした幅広いステークホルダーに届ける「logmi Finance」などを運営。ユニークユーザーは月間300万人におよぶ。

 Sansanは、ログミー社を子会社化し、Sansanグループがこれまで培ってきたクライアント基盤やユーザー基盤の活用、営業ノウハウ、データ活用ノウハウなどの導入やクロスセルの実施などによって、ログミー社の業績のさらなる拡大を図るほか、イベント関連事業や広告関連事業における連携商品の開発、ログミーの記事データベースの価値向上に向けた取り組みなどを進めるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]