logo

PayPay、新オフィスをWeWork Japanと共同設計--デスクワーク用の席数を約75%削減

佐藤和也 (編集部)2020年08月20日 17時19分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PayPayとWeWork Japanは、WeWork 神谷町トラストタワー内に開設するPayPayの新オフィスについて、共同設計を行ったと発表。ニューノーマル時代の働き方に対応するため、全面的なカスタマイズを施したものとし、9月末に完成予定という。

 新オフィスでは、従来のデスクワーク用の席数を約75%削減すると同時に、従業員同士が交流できるゾーンを複数設けることで、従業員がオフィスに物理的に集まるメリットを最大限引き出す設計になっているという。

新オフィスイメージ
新オフィスイメージ

 PayPayは今後、在宅での勤務を原則とし、作業のためのオフィス出社は不要になる。それを踏まえ、今後のオフィス戦略を「オフィスの役割の再定義」「三密回避・安全確保」「共創・協働の実現」と定め、オフィスを「作業・商談の場」から「チームワークによる新しい価値を創出する場所、従業員のエンゲージメントを高める場所」として、イチから設計したオフィスに移転することにしたという。

 新オフィスでは、4つの独立したゾーンを設け、従業員一人一人が自由に働き方を選択することができるニューノーマル時代に適したアクティビティ・ベースド・ワーキング(ABW) を実現。新オフィスでは総席数を従来の968席から228席に大幅に削減することなどで(出社率25%上限)、2メートルのソーシャルディスタンシングを徹底する。また、オープンなラウンジスペースやワークスペースなどにより、コミュニケーションが促進されるオフィスを目指すとしている。

4つのゾーンのイメージ
4つのゾーンのイメージ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]