logo

スマート送迎「CREW」運営が物流に参入--30分以内で配送する次世代バイク便を開始

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマート送迎アプリ「CREW」を運営するAzitは8月21日、配車アプリ事業の運営で築いてきたモビリティの知見を生かし、次世代バイク便「CREW Express」の提供を開始すると発表した。

キャプション

 CREW Expressは、非稼働時間の解決やオペレーションコストの削減、アルゴリズムによるオンデマンドでの最適配置などにより、コストを既存のバイク便比で最大50%削減できることが特徴だという。また、配達パートナーも最大約40%多くの報酬が受け取れると説明する。

 配車アプリ事業において、数十万回の乗車を実現した経験をもとに独自のアルゴリズムを利用することで、効率的な配車を実現。ウェブ上での依頼後、約30分以内のオンデマンド配送が可能だという。同システムを利用・連携することにより、小売業や飲食業を営む企業は、料理や医薬品などの当日配送を安価かつ、簡単にできるようになるとしている。

キャプション

 すでに配送員・配送バッグに基準が設けられているが、さらに安心して利用してもらうため、荷物の運送補償が適用(大手バイク便サービスと同額である80万円までの保証)される。配達パートナーについては、独自の審査を実施しており、審査の通過者のみが登録可能になるという。

キャプション

 なお、CREWの柱であった配車アプリ事業は、新型コロナウイルスの影響を大きく受けており、外出自粛などにともない利用者数も大幅に減少していることから、当面は今回立ち上げた物流事業に注力していくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]