logo

VR技術を活用したeスポーツ観戦ができるバーチャル施設「V-RAGE」が正式ローンチ

佐藤和也 (編集部)2020年08月13日 16時49分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CyberZ、エイベックス・エンタテインメント、テレビ朝日が運営するeスポーツイベント「RAGE」は8月13日、VR技術を活用したバーチャル空間内のeスポーツ施設「V-RAGE」(ブイレイジ)について、8月29~30日に開催する「RAGE ASIA 2020」に合わせて、正式ローンチすると発表した。

「V-RAGE」内装のデザインイメージ
「V-RAGE」内装のデザインイメージ

 V-RAGEは、RAGEが運営するeスポーツ大会の観戦をコンセプトとした、eスポーツ専用VR施設。クラスターが提供するバーチャルイベントプラットフォーム「cluster」を活用し、これまでオフラインで開催してきたRAGEを、バーチャル空間で開催できるようになるというもの。3月15日にベータ版をローンチし、バーチャル空間内でのRAGEを初開催。1万人を超えるアクセスがあったという。

 正式ローンチはRAGE ASIA 2020開催に合わせたもので、外観や演出をアップデートしているほか、物販では実際にアバターと同じデザインのTシャツがECサイトで買うことを楽しめる機能などを追加。さらに、ボイスチャット機能を使って友達としゃべりながら一緒に観戦を楽しむことができ、バーチャル上でのリアルなコミュニケーションをとることも可能となっている。

BEAMSデザインの「RAGE ASIA 2020」オフィシャルTシャツを、V-RAGE内のアバターに着用することが可能
BEAMSデザインの「RAGE ASIA 2020」オフィシャルTシャツを、V-RAGE内のアバターに着用することが可能

 テレビ朝日「超人女子戦士 ガリベンガーV」にも出演している電脳少女シロをMCとして迎え、人気VTuberなどのゲストが登場する限定イベントも開催予定としている。

VTuberがゲストとして出演
VTuberがゲストとして出演

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]