eスポーツ大会「RAGE」がcluster活用による“VR化”--専用施設「V-RAGE」を開設

佐藤和也 (編集部)2020年03月09日 15時43分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 eスポーツイベント「RAGE」を運営するCyberZ、エイベックス・エンタテインメント、テレビ朝日は3月9日、VR技術を活用し、eスポーツ観戦やイベント体験ができるeスポーツ専用VR施設「V-RAGE」ベータ版をオープン。「RAGE Shadowverse 2020 Spring GRAND FINALS powered by SHARP」を、3月15日に開催することを発表した。

「V-RAGE」外観イメージ
「V-RAGE」外観イメージ

 V-RAGEは、RAGEが運営するeスポーツ大会の観戦やイベント参加体験ができるeスポーツ専用VR施設。クラスターのバーチャルイベントプラットフォーム「cluster」を活用し、これまでオフラインで開催してきたRAGEを、バーチャル空間で開催できるようになるというもの。

 ユーザーは、スマホやPCからV-RAGEへアクセスし、eスポーツ観戦やイベント参加が可能。VRデバイスを使用することで、実際の会場にいるような臨場感が味わえるほか、試合の勝敗と連動してスタジアム内のカラーが変化したり、会場内に花火が打ちあがるなどバーチャル空間ならではの演出、スタジアム内の好きな位置に移動して観戦も可能となるなど、新しいeスポーツの観戦体験を提供するという。

「V-RAGE」ロビーイメージ
「V-RAGE」ロビーイメージ
「V-RAGE」スタジアムイメージ
「V-RAGE」スタジアムイメージ

 「V-RAGE」のオープンを記念して、3月15日にRAGE Shadowverse 2020 Spring GRAND FINALS powered by SHARPと連動したVRイベントを開催する。

連動イベント
連動イベント

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]