logo

高層ビル火災に対応可能な消防ドローン「EHang 216F」--高度600mで消火活動

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EHang Holdingsは、高層ビル火災の消火を目的とする消防ドローン「EHang 216F」を開発した。

キャプション
高層ビル火災を消火する消防ドローン(出典:EHang)

 EHang 216Fは、操縦士なしで自律飛行可能な有人マルチコプター「EHang 216」をベースとして、ビル火災消火に必要な装備を取り付けた。カメラで火災現場を特定してホバリングし、レーザー照準器で狙った場所にウィンドウブレーカーを発射して窓ガラスを割り、消火弾を室内へ投入。さらに、消火剤を噴射する。

 消防車の放水可能な高さはせいぜい50mまでなのに対し、EHang 216Fは高度600mまで上昇しての消火活動が可能という。1回の飛行で、消火剤150リットル、消火弾6個を搭載できる。消火剤は、水平方向に10m離れた場所まで届く。同時に複数のEHang 216Fを飛行させて消火に使える。

 EHang 216Fを待機させる消防署などから半径5km以内での運用を想定。自律飛行で火災現場へ急行できるため、消防車で向かう消防隊員より早く到着し、初期消火を始められる。特に高層ビルが多い都市部は消防車の移動に時間がかかるので、EHang 216Fのメリットが大きい。

キャプション
消防署から半径5km以内の火災に対応(出典:EHang)

EHang 216Fの紹介ビデオ(出典:EHang/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]