logo

トランプ大統領、TikTok運営企業との取引を禁止する大統領令を発表

Daniel Van Boom (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年08月07日 15時02分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Donald Trump米大統領は米国時間8月6日、動画アプリのTikTokを保有する中国の字節跳動(バイトダンス)との取引を禁止する大統領令を発した。

Donald Trump米大統領
提供:Scott Olson/Getty

 大統領令には、「中国企業が開発し所有するモバイルアプリが米国で拡散していることは、米国の安全、外交政策および経済を脅かし続けている。現時点では、1つのモバイルアプリ、具体的にはTikTokによる脅威に対処するための行動が必要だ」と書かれている

 バイトダンス(およびその子会社)とのあらゆる取引を、45日間の猶予を設けた上で禁止するという。これにより、AppleやGoogleがTikTokアプリを自社アプリストアで提供できなくなる可能性が高い。

 ただしTikTokについては、同社の買収を模索しているMicrosoftまたは他の米国企業の傘下に入ることで、同国で事業を継続する可能性は残されているとみられる。

 これとは別に、Trump大統領はメッセージアプリのWeChatを傘下に置く騰訊(テンセント)との取引を、45日間の猶予を経て禁止する大統領令も発した。Los Angeles Timesの記者はホワイトハウス関係者の話として、禁止の対象はWeChatのみに限られると伝えている。テンセントはWeChatのほか、「リーグ・オブ・レジェンド」開発元のRiot Gamesを保有しており、「フォートナイト」開発元のEpic Gamesの大株主でもある。

 米CNETはTikTokにコメントを求めたが、すぐに回答は得られなかった。同社は以前、中国政府の諜報活動に協力しているとの指摘を否定していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]