logo

PC感覚で使える5G対応タブレット「Galaxy Tab S7/S7+」発表

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2020年08月06日 11時51分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll Right Scroll Left

提供:ZDNet Editors

 在宅勤務の増大にともない、さまざまな仕事のやり方を模索する人が増えるなか、これまでなかなか普及が進まなかったノートPCとタブレットの間を埋める製品への関心が、ここに来てようやく高まっている。この分野へのサムスンの新たな挑戦が、「Galaxy Tab S7」と「Galaxy Tab S7+」という2つの新製品だ。両製品は、米国時間8月5日に完全オンラインで開催されたイベント「Galaxy Unpacked」で発表された。

Galaxy Tab S7
提供:Samsung

 タブレットをノートPCと同じように使えるデバイスに変身させるなら、使いやすいキーボードとタッチパッド、それにキックスタンドを追加すれば良い。これには「iPad Pro」やMicrosoftの「Surface」という前例がある。そして、あらゆる企業がPCの次の大きな進化を目指して競い合うなか、サムスンもGalaxy Tab S7とS7+で、先を行く2社と同じ方向に大きくかじを切った。

 この2つの新しいタブレット型デバイスは「Android」で動作するため、普通なら最もノートPCらしくない使い勝手になるところだ。だが、Galaxy Tab S7には、オプションとして新たにクリップ式キーボードが用意されている。これは大きなトラックパッドを備え、マルチタッチジェスチャーに対応しているほか、PCそっくりのファンクションキーも備えており、非常にノートPCに近い感覚で使える。

 また、「DeX」のアップデート版も搭載されている。これはPCに似たデスクトップ表示を実現することで、Androidデバイスの使用感をコンピューターに近づけるという、サムスンのプラットフォームだ。新バージョンでは、近くにあるスマートテレビにDeXを使用中の画面をワイヤレスでキャストし、表示させることが可能になった。また、複数のアプリを開いて、それぞれのウインドウのサイズを変更したり、すべてのウインドウを最小化してタスクバーに格納したりすることも可能だ。

 サムスンによれば、2つの新機種は米国で販売されるタブレットで初めて、5Gをサポートするものになるという。発売は2020年秋になる予定で、米国での価格はS7が649ドル(約6万8500円)から、S7+が849ドル(約8万9700円)からだ。

主な仕様
Galaxy Tab S7Galaxy Tab S7+
ディスプレイ11インチ 2560x1600 TFT、120Hz12.4インチ 2800x1752 Super AMOLED、120Hz
OSAndroid 10Android 10
プロセッサーSnapdragon 865 PlusSnapdragon 865 Plus
メモリー・ストレージ6GB+128GB/8GB+256GB6GB+128GB/8GB+256GB
ポートUSB-C 3.2USB-C 3.2
バッテリー8000mAh1万90mAh

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]