logo

「Pixel Buds」日本上陸--グーグルの完全ワイヤレスイヤホン、税込2万800円

山川晶之 (編集部)2020年08月04日 00時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは8月4日、同社の完全ワイヤレスイヤホン「Google Pixel Buds」を日本でも発売すると発表した。価格は2万800円で、8月20日の販売開始を予定。Googleストアのほか、通信キャリア(KDDI、ソフトバンク)、家電量販店(エディオン、コストコ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ)でも取り扱う。なお、同社ではPixel Budsとあわせて「Pixel 4a」を発表したほか、5Gスマートフォンの2020年秋投入を告知している

キャプション
「Google Pixel Buds」

 この製品は、2019年10月に開催された「Made by Google '19」で発表されたもので、同社としては2代目のワイヤレスイヤホンとなる。初代は有線タイプとして登場したが、2代目はAppleの「AirPods」同様、完全ワイヤレスに刷新された。

 Pixel Budsには、12mmのダイナミックドライバーを内蔵。数千人分の耳の形をスキャンし、多くの人にフィットするボディ形状を探ったほか、固定用アーチとソフトフィットイヤーチップを採用することで、より密着度を上げたという。また、本体には空気孔を取り入れており、周囲の音を適度に聞こえやすくするとともに、圧迫感を軽減している。

キャプション
カラーは「Clearly White」、「Almost Black」、「Quite Mint」の3種類

 マイク性能も高めており、2個のビームフォーミングマイクに加え、あごの動きを検出する音声加速度計を搭載。ランニングや風が強いシーンなど雑音が多い環境でも、クリアな通話音声を実現したという。また、周囲のノイズ量にあわせて音量を自動で調整する「アダプティブサウンド」に対応。なお、IPX4相当の防水性能も有する。

 Android 6.0以降に対応したスマートフォンを組み合わせることで、リアルタイム翻訳が利用可能。「OK Google、英語に翻訳して」と話しかけるだけで会話できる。対応言語は、日本語、英語を含む40言語で、事前に言語データをダウンロードすることで、インターネット環境なしの状況でも翻訳が利用可能という。英語のスピーチなど長文を翻訳するモードも今後実装予定だ。

キャプション

 音楽再生時間は、1回の充電で最長5時間。ケースを利用することで、最長24時間の使用が可能。急速充電にも対応しており、10分で2時間の音楽再生が可能(フル充電は1時間)。また、ケースはQi認証済みで、ワイヤレス充電パッドに置くだけで充電が始まる。

 なお、AndroidだけでなくiOS端末やPCとも接続でき、音楽再生や、音声通話、タッチ操作、ワイヤレス充電などが利用可能。Pixel Buds対応アプリやGoogleアシスタント、リアルタイム翻訳、アダプティブサウンドはAndroid 6.0以降の端末のみ対応となる。さらに、Pixelスマートフォンであれば、「Pixel Buds ペア設定」で簡単に接続可能としている。

キャプション
基本的な機能はiOS端末でも利用可能

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]