logo

「Pixel 4a」発表、4万2900円で8月20日発売へ--星空撮影、おサイフにも対応

山川晶之 (編集部)2020年08月04日 00時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは8月4日、新型スマートフォン「Pixel 4a」を発表した。価格は税込4万2900円で、8月14日に予約開始、8月20日に販売開始する。キャリアはソフトバンクのみとなり、前モデル「Pixel 3a」を取り扱っていたNTTドコモが離れた形だ。なお、GoogleストアでもSIMフリー版を販売する。

キャプション
「Pixel 4a」

 Pixel 4aは、同社製スマートフォン「Pixel 4」の廉価版に位置するモデル。廉価版とはいいつつも、Snapdragon 730G、RAM 6GB、ストレージ128GBを採用するなど十分なスペックを持つ。また、パンチホールデザインを採用したことで、Pixel 4から画面占有比が向上した5.8インチのフレキシブルOLEDディスプレイ(FHD+)、ステレオスピーカー、マイク2基、3.5mmオーディオジャック、eSIMを内蔵する。

キャプション
廉価版ながら、Snapdragon 730G、6GB RAM、128GBストレージ、5.8インチOLEDディスプレイを採用

 PixelシリーズのウリであるカメラもPixel 3aから強化されており、Pixel 4と同一センサー、同一レンズの1200万画素メインカメラを搭載。ポートレートモードや星空撮影に対応した夜景モードのほか、Live HDR+、デュアル露出補正など、上位機種と同じ機能を内蔵する。望遠カメラは非搭載だが、Pixel 4で搭載された超解像ズームが利用可能だ。インカメラは、800万画素で84度(35mm換算24mm相当)の広さを持つ。

キャプション
シングルカメラながら望遠性能を高める超解像ズーム
キャプション
ポートレートモードも健在
キャプション
Pixel 4と同じく夜景モードは星空撮影に対応。15秒シャッターで撮影した画像を16枚合成することで、星を写すことができる

 生体認証は、指紋センサーを採用。Pixel 4に搭載された小型レーダー「Soli」を使った「Motion Sense」はコストの面から非搭載となったものの、マスクを着けている場合などでは指紋センサーのほうが利便性が高く、多くのユーザーから支持されるだろう。また、セキュリティチップ「Titan M」を搭載するほか、3年間のOS・セキュリティアップデートが保証される。

キャプション
背面には指紋センサーを搭載。写真は純正のファブリックケース(税込5280円)

 日本向けモデルは、Pixel 3aに引き続き「おサイフケータイ」に対応。SuicaやPASMOをはじめ、iD、QuicPay、楽天Edy、nanacoなどの電子マネーが使える。そのほか、ポリカーボネート製ユニボディを採用したボディサイズは144mm×69.4mm×8.2mm。3140mAhのバッテリーを搭載しており、AIが利用頻度の高いアプリを予測して消費電力を抑える「アダプティブバッテリー」も搭載。USB-Cポートは18Wの高速充電に対応する。

 Googleアシスタントも強化されており、LINEやWhatsAppの返信を声でアシスタントに指示できる「トーク内返信機能」などを搭載。さらに、Pixel 4aの特典として、広告が表示されない「YouTube Premium」と、Googleドライブのデータ容量追加などGoogleのサービスを向上させるサブスクリプションサービス「Google One」が3カ月無償で利用可能となる。

キャプション
Googleアシスタントに指示するだけでLINEやWhatsAppのトークを返信する「トーク内返信機能」などを新たに実装

 グーグルでは、Pixel 4aの発売とあわせて、完全ワイヤレスイヤホン「Pixel Buds」の日本導入も発表。さらに、2020年秋に、5G対応の「Pixel 5」および「Pixel 4a 5G」を投入すると告知している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]