logo

Thirdverse、10人対10人のチーム対戦型VRゲーム「Frostpoint VR: Proving Grounds」

佐藤和也 (編集部)2020年07月30日 17時33分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Thirdverseは7月30日、Xbox Game StudiosのinXile entertainmentが開発を担当するチーム対戦型VRファーストパーソンシューティングゲーム「Frostpoint VR: Proving Grounds」(フロストポイント ヴィーアール: プルーヴィング グラウンド)を、バーチャルリアリティ専用ゲームとして発売すると発表。Oculus Rift、Oculus Rift S、HTC VIVE、Valve Indexヘッドセット向けに、2020年内にグローバル同時リリースを予定している。

 ThirdverseはVRゲームの開発・配信・運営会社として、2019年にVRマルチプレイ剣戟アクションゲーム「ソード・オブ・ガルガンチュア」をグローバルリリース。inXile Entertainmentは、米国カリフォルニア州にあるXbox Game Studiosのゲーム開発スタジオのひとつ。「Wasteland」シリーズをはじめ、「Torment: Tides of Numenera」「The Bard’s Tale IV」などのPCゲームや、VRゲーム「The Mage's Tale」などを制作している。

 本作は、最大10人対10人のチームに分かれて複数の拠点を奪い合う、チーム対戦型のVR専用ファーストパーソンシューティングゲーム。プレーヤーは謎の生命体(クリーチャー)が徘徊する南極を舞台に、味方チームと共に廃墟と化した軍事訓練基地の制圧に臨む。ゲーム中に登場する武器は、VR空間のなかにある自身の手で扱うようになっており、弾の装填、武器の構え、敵を狙って撃つ動作など、VRならではのリアルな挙動で扱うことができる。また、フラッシュライト、スコープ、グリップ、サプレッサーなどの改造も可能となっている。

「Frostpoint VR: Proving Grounds」
「Frostpoint VR: Proving Grounds」

(C)2020 inXile entertainment, Inc. All rights reserved. inXile entertainment, the inXile entertainment Logo, Frostpoint and Frostpoint VR are either registered trademarks or trademarks of inXile entertainment, Inc.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]