logo

TikTok、210億円規模の米国クリエイター支援ファンドを発表--2021年から出資開始

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ショートムービーアプリ「TikTok」を運営するByteDanceは、TikTokにコンテンツを投稿してくれるクリエイターの支援目的で、2億ドル規模(約210億6600万円)のファンド「TikTok Creator Fund」を運営すると発表した。

クリエイターに資金を直接提供(出典:TikTok公式Twitterアカウント)
クリエイターに資金を直接提供(出典:TikTok公式Twitterアカウント)

 同ファンドは、自らの声と想像力を収益につなげたいと考えるクリエイターが対象。斬新なコンテンツを作り出せるクリエイターに資金を提供し、その道で生活していけるよう支援したいという。対象者は、18歳以上で、ある一定数のフォロワーがおり、TikTokのコミュニティガイドラインに沿ったオリジナルコンテンツを継続的に投稿している人。

 まず、8月に米国のクリエイターからの申し込み受付を始める。資金提供は、2021年から開始する予定。

 TikTokのクリエイターは、これまで広告表示などから収益を得ていた。TikTok Creator Fundにより、TikTokから直接支払いが受けられることになる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]