logo
Kickstarter

PCやスマホを空中ジェスチャー操作可能にする「Pero」--48種類の動作を割り当て可能

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleのスマートフォン「Pixel 4」には、ユーザーの手の動きをレーダーで捉える機能「Motion Sense」が搭載されている。そのため、タッチパネルに触れることなく、さまざまな操作が可能だ。

 これに対し、Motion Senseと同じようなジェスチャー操作を、各種PCやスマートフォン、テレビなどに対して実行できるようにするデバイス「Pero」がクラウドファンディングサービス「Kickstarter」に登場したので紹介しよう。

PCやスマートフォンをジェスチャー操作(出典:Kickstarter)
PCやスマートフォンをジェスチャー操作(出典:Kickstarter)

 Peroは、手のひらに装着して使うリング状のデバイス。手と指の動きを検知し、PCやスマートフォンをジェスチャー操作できる。

 手の動きは慣性センサーで捉え、16種類の動きを区別する。さらに、手のひら側のタッチセンサーに触れさせる指の本数を1本から3本まで変えることで、合計で48種類のジェスチャーが使い分け可能となる。各ジェスチャーは、マウスポインターの移動、ウィンドウ操作、各種ショートカットなどに割り当てられる。側面に親指で触れる操作でクリックなども実行可能。

48種類のジェスチャーを使い分け(出典:Kickstarter)
48種類のジェスチャーを使い分け(出典:Kickstarter)

 操作対象デバイスとはBluetoothで通信する。対応OSは、Windows、macOS、Linux、Android OS、iOS、iPadOS。スマートテレビなども操作できる。

さまざまなデバイスを操作可能(出典:Kickstarter)
さまざまなデバイスを操作可能(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間8月20日まで。記事執筆時点(日本時間7月27日16時30分)でキャンペーン期間は23日残っているが、すでに目標金額1万ドル(約105万円)の4倍を上回る約4万5000ドル(約474万円)の資金を集めている。

Peroの紹介ビデオ(出典:Kickstarter)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]