logo

あらゆる機械の自動化を目指すAIベンチャーの「DeepX」が16億円の資金調達

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DeepXは7月31日、未来創生2号ファンド、フジタ、SBI インベストメントが運営するファンド、経営共創基盤を引受先とする第三者割当増資を実施し、総額16億円の資金を調達したと発表した。

 同社は、2016年4月の創業以来、幅広い産業のさまざまな機械や現場作業の自動化に向けて、汎用的なAI技術を開発してきた。

 今回調達した資金は、建機自動化や工場内作業自動化、自動化モジュール提供などの事業化を加速させるため、エンジニアや計算資源を中心に投資するとしている。特に、認識技術や制御技術の少数データでの開発の可能性や実空間での頑健性、汎用性、説明可能性などを追求していくという。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]